福利厚生とは

メンタルケアをすることで心と体の健康を保つことが出来ます。ストレスチェックは義務付けられているので、会社でも導入すると良いでしょう。

携帯から簡単に報告が出来ます。安否確認の為にこれらを活用しませんか。危機管理の為にも活用させることが大切です。

福利厚生と言う言葉を聞いたことがある人は多いですが、どのような制度か詳しく知っている人はそれほど多くはありません。
この制度には、従業員の幸福と利益、豊かな生活を守るという意味があります。
そのため、従業員が経済面や精神面で辛くならないように、企業によって色々な福利厚生が存在しています。
福利厚生には大きく分けて2種類のものがあり、それぞれ法定福利と法定外福利と呼ばれています。
また、企業によって行なっているところと行なっていないところなど、様々な種類が存在しているのです。
この制度があるお陰で、従業員は休日やプライベートを楽しむことができ、精神面が安定して、仕事でも十二分のスキルを発揮することができるのです。

法定福利には、健康保険、介護保険、厚生年金保険料、労災保険料など多くのものが含まれています。
これらは、企業で働く際に必ず受けることができる福利厚生で、法律で決められているものです。
そのため、企業を作る際は必ずこれらの法定福利を行なう必要があります。
法定外福利は、企業によって決められている福利厚生の事で、企業ごとに様々な種類があります。
例えば、社員旅行などもこの法定外福利に含まれるもので、他にも専門の施設を利用する料金が安くなるものや、特定の商品を購入する金額が低くなるといった制度があります。
この法定外福利で人気があるのが、家賃補助などの住宅手当です。
多くの企業が行なっている制度で、一定の金額の家賃を補助してくれます。
住宅にかかる費用は、生活費の中でも大部分を占めるものなので、この福利厚生のお陰で経済的負担を減らすことができるのです。

使用される金額

企業が福利厚生を行なう際の金額は、従業員一人当たりに対して平均2万5000円ほどとなっています。この金額には法定福利と法定外福利の両方が含まれている金額となっています。

Read More

人気のある制度

福利厚生で一番多いのが住宅関連の費用補助です。他にも、ライフサポート系の補助金も多く、その次に医療、福祉関係の補助を行っている企業が多いというデータがあります。

Read More

良い企業の基準

法定福利は必ず行なわないといけない福利厚生ですが、法定外福利は必ず行うものではありません。そのため、法定外福利を行わない企業も多く存在しますが、良い企業ほど法定外福利を行なっている傾向があります。

Read More

ユニークな制度

近年では、優れた福利厚生を行なっている企業が良い企業とされ、就職活動を行なう際の一種の目安となっています。そのため、企業ごとに非常にユニークな福利厚生を行なっている所があります。

Read More

職場環境で変化

福利厚生には色々な種類のものがあります。例えば、女性が多い職場では子育て支援の制度が充実している傾向があります。男性が多い職場の場合は、スポーツクラブの割引などの制度があります。

Read More

業界ごとの動向

福利厚生は、企業だけでなく、業界毎にも多種多様なものがあります。例えば、飲食業の場合は、店の食事が安くなるといった制度があり、製造業の場合は、自社の製品が安くなるといった制度があります。

Read More