良い企業の基準

働く側にとって福利厚生はとても大事なものです。
法定福利のものは会社側にとって必ず行う必要がある福利厚生なのですが、法定外福利は必ず行う必要がないです。
法定福利のみサービスとして行っている企業も少なくありません。
法定内福利には基本的に年金や保険といった最低限のサービスを受けることができます。
このサービスはとても重要で必要不可欠なのですが、働く側からするともっとサービスが充実している会社の方が魅力に感じるでしょう。
そのために会社を選ぶ際には法定外福利を確認するという方も少なくないのです。

しかし企業側にとっては福利厚生を充実させることによってメリットはあるのかというとどうなのでしょうか。
その答えは「YES」です。雇用の際に良い人材が集まりやすいので、おおいにメリットになるといえるでしょう。
法定外福利がしっかりとしている会社は、働く側からすると「とても働きやすい会社」となります。
そのために優秀な人材もその会社に集まりやすいのです。
実際に子育てがまだ少し必要だけれども働きたいという女性の中に会社にとって欲しい人材となる方も多くいます。
子育てを支援する取り組みを会社の福利厚生の中にサービスとして取り組んでいることによって、そのような方が会社を選んでくれることも多くなるのです。
良いサービスが多い会社には人が集まりやすいため、優秀な人材となる人を会社も選びやすいのです。
他にも福利厚生を充実させることによって、会社で働く人たちのコンディションを整え、仕事の効率化を測ることもできます。
これが会社側としての福利厚生を充実させることによるメリットでしょう。